徒然社長の『日々是好日』

株式会社あおぞら シャッチョの奮闘記デス。
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< チョットお知らせ。 | main | またもや。。。 >>

桃李不言下自成蹊

 えー、

早いもので、今年も後わずかとなりましたね。

今年の投稿は今回が最後になると思いますので、

少し早いのですが、1年を振り返ってみようと思います。

今年も変わらずビンボーでしたね。。。

イヤな事も辛い事も通年通りございましたよ、えぇ。

でも、今年は人情に触れ、助けてもらい、教えてもらい、、、

何しろ、人様とのご縁の有り難さが骨身に沁みた一年でした。

本当、涙なしでは語れないですよ。

心の底から、

「オイラは本当に人様とのご縁には恵まれている」

そう思っております。


オイラは稚拙ながらもIT業界に足を踏み入れて、

幾年を重ねて参りました。

数少ない先輩達にアドバイスをうけつつも

勉強不足が否めませんので、

これまで数多くのトッピンパラリンな結果を出してきました。

そんなことではイカン!と往生していたところ、

心のアニキUさんのお導きで

今年は初めてIT界における師と仰げる先達に出会えました。

その師を通し、沢山の素晴らしき御仁と出会い、

その出会いが更なるご縁を紡いでくださり、くださり、

本当に大勢の友人が出来ました。

本当にありがたいこってす。

一人で考えているだけでは

たどり着くことがない思想に触れられるということは

交わらなければ生まれませんね。

独学で読書で得た知識だけでは

全く足りないことを思い知ります。

多くの方々とディスカッションを重ねることで、

「正解は一つだけではない」

という考え方を理解する事が出来ました。

何にしても、今年一年を通し、

素晴らしい御仁達より縁を紡ぐ機会を頂きました。

人生のテーマとして、

「世のため人のため」

を掲げていましたが、

では、何をもって「世のため」たるのか?

モヤモヤさせていたその問いに対し、

「ITを通して自分が出来る事で」と、

回答出来るようになりたい、という願いが生まれました。

その願いを叶えるには、

「IT業界を構成する一点になる」

必要があるように思えます。

蒼空だけで出来るような事ではないですからね。

皆々様との縁があってこそ、

初めて「世のため」なり得る活動に

実現性を持たせられると思います。

そういう目標を持つ事ができましたので、

来年はそこを強く意識して

蒼空スタッフが一丸となり、

皆々様と世のための活動一端に

参画出来る資質を持てるよう懸命致します。


表題ですが、

桃李(とうり)物言わざれども、したおのずから小道を成す。

と、読みます。

桃やスモモは物を言いません。
でも、花や果実があるから、
自然と人が集まって来ます。
ですので、そこに小道(蹊)が出来る。

という意味だそうです。

師匠を始め、立派な御仁達に

共通している様相でもあります。

あやかりたいですね。。。

今年の最後を締めくくる一節として

この節を紹介させて頂きます。

この節のような人物に成れるよう

懸命します。

では、みなさん

メリークリスマスで良いお年を。

どうか来年もよろしくお願い申し上げます。

今年も一年本当にお世話になりました。

ありがとうございます。
- | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
Twitterボタン

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://aozorainc.jugem.jp/trackback/105
この記事に対するトラックバック