徒然社長の『日々是好日』

株式会社あおぞら シャッチョの奮闘記デス。
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< UX | main | お久しぶりでございます。 >>

復興支援

ハッと気づけばもう5月。

黄金週間も終わりましたね。

 ご無沙汰しています…

4月は怒涛の1か月を過ごさせていただきました。

Facebookではその都度投稿してるんですけどねぇ。。。

オイラみたいなダメ人間は、アレもコレも出来ないもんです。

恐縮でございます^^;


さて、4月は復興支援の一助たるを目指し、

仙台〜石巻〜南三陸をまわって参りました。

被災状況を目の当たりにしたわけですが、

言葉を無くすほど、「何もない」状況です。

何もないというは、皆様が瓦礫を片した後だからなのですが、

想像を絶するほどの様子でございます。


正直、今のオイラはこのことばかりしか考えられません。

ひとたび見た以上、他人事ではないと考えています。

復興が出来るのだろうか?

疑問になるほど何もない街のありさまです。

この状況を何とかしようと、

各方面から色々な方たちが支援グループとして

懸命に係わられておられます。

オイラも、そのお手伝いのお手伝いみたいな事ができるよう

お邪魔させていただきました。

正直、当初半分行楽気分もありました。

しかし、被災地に入って見ると、

その浮かれた気分は一蹴されます。

同時に自分の愚かしさに情けなくなるのですが、

そんな感情はどうでもいいですね。。。

オイラがお邪魔した支援グループの皆様は

この一年、滅私で復興に関わられています。

私利私欲があるように感じられず、

純粋に「困った時はお互い様」というスタンスで

取り組まれているように思います。

オイラは「ボランティア」という言葉が好きでないので使いませんが、

彼らこそ、真のボランティアだと思えます。

純粋故に、皆さんとても清らかで美しくみえます。

そこここで我欲が飽和している混沌とした現代社会で、

適切ではないかもしれませんが、

彼らと過ごした時間は、今じゃ得難い無垢な時間であります。

何事にも変えられない宝物となりました。

このグループの末席に加えていただけた気分になれただけでも、

オイラがこの活動に参加する理由になれると思っております。

甚だ不謹慎な初期衝動になるとは思いますけど。。。

そんなこんなで、

被災・事故・復興・救済・支援を

これまで以上に勉強させていただきました。

知れば知るほど、理不尽な事柄が浮かび上がります。

今もなお困難と戦っていらっしゃる被災地の皆様を

食い物にしようとしている輩さえいました。

こういう人非人もいますが、

同胞の難儀を救おうと、これを第一義に掲げて動いているひとも

大勢いらっしゃいます。

簡単なことではありませんが、

残る人生をそこに集中させるくらいの気概をもって

この国難に一助出来るよう、生きていくつもりです。

いまいる自分の場所から、

いま自分が出来ることで、

協力していきます。
- | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
Twitterボタン

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://aozorainc.jugem.jp/trackback/98
この記事に対するトラックバック